あっという間に秋になってしまいました。
今年の夏のおもいで。

主人の実家にお墓参りに行きました。

昔からのしきたりが 20年経った今でも まだ わからない嫁なので、取り敢えずまわりを真似することにしています。

水を汲んでいたら、隣のおじいさんが 汲み終わった桶に ひしゃくをいれて 三回すくって 流していました。

そっかそっかと思い、私も三回すくって流し 心の中で手を合わせました。

おじいさんに「三回すくうんですね、水汲むにも作法があるんですね」と話しかけたら

「虫が浮いてたから捨てただけだ〜」と言われました。

夫と母には見られなくてよかったです。

 



迎え盆を済ませて 母の打つお蕎麦をいただきました。
世界一美味しいので いつも 食べ過ぎてしまい そのまま寝てしまいます。

なんて嫁だ と思われるかもしれませんが、母も寝ます(笑)


主人がその間、掃除をしているらしく、シャーシャーという包丁を研ぐ音で目が覚めました。

同じく起きた母が

「あ〜また包丁を研いでるよ…有り難いんだけどねぇ… あんまり切れないんだよね」と小さい声でいうので

「やっぱそうですか?うちのも そうですよ!やらないほうがまだ…」とふたりでクスクス笑っていたら

「なに、こそこそ話してんのー?」と怒る声がしたので 寝たふりをしました。


そんなこんなで帰る時、玄関で母に「忘れものだよ」と主人の帽子を手渡されました。

「やだー忘れっぽいんだから すみませんね〜 あ、お義母さん、外暑いからお見送り結構ですよ、ここで!」とお礼を言って 歩いて 主人の車に乗り込みました。

それなのにバックミラーに母が歩いてくるのが見えたので 窓を開けて
「お義母さんったら!暑いんだから、もうほんとに いいのに〜」と恐縮したら

「帽子…裕子さん、落として踏んづけていったから」と渡されました(;´д`)

実家にいくたびに 嫁偏差値が下がります。

 


今回は 栗とまだ青いザクロをもらってきました。

11月の大阪の個展に向けて描いています。

 

2013/09/26

 

 

BACK