私が水彩をまだ描いていなかった頃だから、9年くらい前の話。

完全な夜型で、深夜1時過ぎに 制作に使うためのコピーをしに、目の前のコンビニに行っていました。

やる気、愛想の全くないヘビメタ系の ハタチくらいの女の子がひとりで店番していることが多く、深夜に女2人しかいない店内で私が

「寒いね〜」「一人で平気なの?」と話しかけても、

「そっすねー」「平気っす」

と素っ気ないので次第に 私も 挨拶だけになってしまいました。

 




丁度 今日のような 春めいてきた冬の終わりのある日、コンビニの入り口に
[閉店のお知らせ] が貼ってありました。

いよいよ今夜で閉店 という晩 最後のコピーをしたあと 彼女に、

「今まで毎晩ありがとうね。私、ホントに心強かったよ」とお礼を言ってお店を出ようとしたら

「あのぉ〜」と めちゃくちゃダルそうな声がしたので振り返ると

「あのぉ〜 夏にぃ〜着てたぁ〜オレンジっぽいぃ〜ワンピースぅ めちゃかわいかったんすけどぉ〜 どこのですかぁ〜? あとぉ〜夏にぃ〜持ってたぁ〜 バスケットみたいなぁ〜バッグ欲しくてぇ〜探したんだけどぉ〜見つかんなくてぇ〜 どこで買ったんすか〜?」 と聞かれました。

心の中で「今かよっ!んなもん、夏に言えよっ!」と叫びながらも あ、ちょっと待ってて!といい残し、アトリエから未使用のバスケットを抱えてコンビニに戻りました。

「コレだよね?あげる。使ってないのが いっこ余分にあった」と言って渡すと、

「あざっす」とすごくうれしい顔をして喜んでくれました。

最後までちゃんと喋れない娘だ(-_-) と思いながら立ち去ろうとしたら

「あの〜!」とさらに呼び止めるので、今度はなんだよと思って振り返ると

「あの〜!いつも思ってたんっすけどぉ・・・ 何やってるヒトなんすか?」と聞かれたので

「え?あぁ ・・・漫画家だよ」 というと

「マジっすかっ?えっ有名なんすか?うちにおいてある雑誌とかに載ってるんすかっ?」と食いついてきたので

「当たり前じゃん。何冊も載ってるよw」

「なまえっ名前 教えてくださいっ!」(おまえ、ちゃんと話せるじゃないか)

「あはは〜 内緒」

「えー!お願いします!」

と懇願されたので、適当なヒントを言って 帰ってきました。

アトリエから覗くと 彼女は もう 雑誌棚のとこに移動していました。

嘘ついて ごめん




と、最近こんなことをFacebookに載せました。

まぁ、絵というものは「絵空事」という言葉があるように、いかに紙の中で そこにその世界があたかも存在するかのように 見る人をだませるか ということだと思うので、見破られない嘘をついていきたいと思っています。

 

 

 

BACK