2月の中ばにヨーロッパの水彩画マガジンの編集長の方から、あなたの絵を載せたい、とメールを頂きました。

6ページの特集を組むので文と写真データを送って欲しいとのことで、拙い英語で自己紹介と5行くらいのメッセージを送りました。

絵がすべてだから、なるべく大きく載せてもらいたいなというのと、水彩画は私にとってただのシュミだから、深く考えて描いているわけではなく、そんなたいそうな思想があるわけでもないので、文章も簡潔に送りました。

水彩画を描くことは、私にとって、漫画喫茶でジュース飲みながら好きな漫画やDVDを見まくっている高校生と何ら変わらない行為です。

ビール飲みながら描いてるし、途中で寝ちゃうし。

と言うことで送信したところ

「もっと細部にわたって説明して欲しい、6ページよ、あなたの特集よ!」

とちょっと怒られ、もう少し頑張って長い文章を再送したのですが

「んもぅ〜!じゃ、質問形式にしますっ!」

と、どっさり質問が送られてきました。

もう自分の語学力の限界。

友人と、カンマニさんの旦那さんSAIさん(超優秀なインド人)に助けを求めました。




 

画面背景に何を込めて描いているか?

の質問には、答えに窮する私に、SAIさんはあらゆる問いかけをし、二人の話はアニミズム、仏教、儒教、禅と、深さを増していきました。

あ、本当のことをいうと…のらりくらり答えていた私にSAIさんが懇切丁寧に長時間レクチャーしてくれたのです。

私は目から鱗で

「SAIさん、すごい!ここ20年で一番勉強になったよー!」

「そんなことより 永山さんが今の話を絵に結びつけないといけないんですよ!僕は訳すだけですから」

「えぇーっ。なんか眠くなってきた(泣)」

「6ページですよっ!真面目にやってください」


気合い入れ直し、話していて

「私はさ、きれいな花を "ああ、きれいだな"と思って描いている絵は大好きなんだけど "私の絵 きれいでしょう?"と迫ってくる“きれいなだけの絵”はちょっと苦手。哲学が無い絵はいやだ。」と言うと

「永山さん、哲学を持たない、というのも哲学なんですよ」

「…そうですね。調子に乗りすぎました」

こんな調子で諭されながら話し、訳してもらって送りました。

 



ただひとつ、使っている絵の具の名前を教えて欲しいという質問には、

「私のパレットを見て。こんなに汚いの。名前とか全然覚えていないの、ごめんなさい」と汚いパレットの証拠写真を送りました。
諦めてくれるだろうと思って。

そしてついに昨日、本がフランスから送られてきました。

「あなたのパレットがあまりにも凄かったので、2ページ増やしました」と書かれた手紙と共に…

表紙にも私の絵を載せていただき感激。

そして開いてみて、ガーーーン(゜Д゜)))

なんと、汚いパレットが、絵よりも大きく載っていたのです…

いや〜ん、 恥ずかしすぎ。

Facebookでは私のパレットは"一体どこで混ぜるんだ!"とか"漢方薬みたい"と言われています。

冬中夏草に見えるのでしょうか…(-_-#)

そして、フランス語は全く読めないものの、見出しに"ZEN"の文字を発見しました。

ちょっと笑ってしまいました、いかんいかん。

皆さんのお力を借りまくり他力本願で 無事に載りました。

英語バージョンもあります、どちらも国内の販売は無いようですので、ちらっとごらんいただけると嬉しいです。
さすがフランス、レイアウトがオシャレです。

パレットのページ、タイトルは
「驚きのパレット」だそうです。

ほっといて(笑)

 

 

 

水彩画マガジンのホームページ http://www.lartdelaquarelle.com/

サンプルページ http://bit.ly/MvOQ2a
クリックしていただきますと、ほんの少し内容をごらんいただけます。


2012/6/19
 

 

BACK